年度 受賞者 受賞論文
第1回 2005年度 関口真規子 「中世修験道における永久寺先達」
『山岳修験』33号
大高康正 「富士参詣曼荼羅試論−富士山本宮浅間大社所蔵・国指定本を対象に」
『山岳修験』34号
第2回 2006年度 徳永誓子 「役小角伝承の展開と院政期の熊野」
『山岳修験』36号
第3回 2007年度 青谷美羽 「明治初年における修験道本山の動向」『山岳修験』37号
第4回 2008年度 関 敦啓 「在俗行者の行法−尾張における儀覚系御嶽講を例に」
『山岳修験』39号
第5回 2009年度 小林奈央子 「霊神碑は語る−東海地方における霊神碑の現況と霊神信仰」
『山岳修験』42号
第6回 2010年度 石黒智教 「近現代における修験と御嶽講−北名古屋市域の事例から」
『山岳修験』42号
第7回 2011年度 該当者なし  
第8回 2012年度 中川仁喜 「吉野山における天海の動向」
『山岳修験』47号
第9回 2013年度 該当者なし  
第10回 2014年度 該当者なし  
第11回 2015年度 該当者なし