白山エコカフェ2017 in 郡上高鷲
日時:2017年6月17日(土)10:00〜12:30
会場:郡上市高鷲町町民センター研修室
 
講演1「白山修験の展開−美濃馬場を中心に−」
講師:宮家準氏(慶應義塾大学名誉教授・本学会名誉会長)
 
講演2「美濃白山修験・鳩居峰二十八宿」
講師:高橋教雄氏(郡上市文化財審議委員会委員長)
 白山・平泉寺開山1300年記念連続講演会 2
日時:2017年6月18日(日)13:30〜
会場:白山平泉寺歴史探遊館まほろば
 
演題「経塚からみた白山信仰」
講師:村上雅紀氏(越前町織田文化歴史館)
 
詳細:勝山市
参考記事:「白山信仰伝わる経筒 経ケ岳の出土品企画展」(中日新聞2017年5月27日WEB版)
参考記事:「山頂で発見「文化財」帰属先どこ 平泉寺ゆかり経筒、20年決まらず」(福井新聞2017年5月28日WEB版)
 白山開山1300年記念「山の日」シンポジウム in 郡上
日時:2017年7月7日(金)13:30〜16:30
会場:郡上市総合文化センター 文化ホール
 
記念講演「スピリチュアル・ランドスケープ(精神的標)の象徴 白山」
講師:涌井史郎氏(岐阜県立森林文化アカデミー学長)
 
特別講演「白山ユネスコエコパークの意義と今後の可能性〜環白山の視点から」
講師:飯田義彦氏(国連大学IAS OUIKリサーチアソシエイト
 
パネルディスカッション「白山の自然と文化の伝承」
 
参加料:無料
定員:600名(先着順)
問合せ・申込先:岐阜県環境生活部環境企画課
TEL058-272-1111【内線】2697
FAX058-278-2610
 熊野古道センター講演会
日時:2017年6月25日(日)13:30〜15:00
会場:三重県立熊野古道センター
 
講師:池田淳氏(吉野町教育委員会事務局主幹 兼 吉野歴史資料館長)
「峰入−大峯入峰修行の世界−」
 
定員:100名(要申込・先着順)
申込期間:5月25日(木)〜6月24日(土)17:0まで
 
詳細:熊野古道センター
 歴史・文化講演会「山岳信仰の歴史と民俗」
日時:2017年7月9日(日)13:30〜15:00
会場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
(埼玉県立歴史と民俗の博物館・埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会共催)
 
講師:鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授・本学会会長)
 
参加費:300円
申込:埼玉県立歴史と民俗の博物館
 第41回雲南懇話会
日時:2017年7月17日(月)12:45〜17:30
会場:JICA市ヶ谷ビル 国際会議場
 
「日本人にとって山とは何か −自然と人間、神と仏−」
 日本山岳修験学会会長 慶應義塾大学名誉教授 鈴木正崇
ほか
 
懇話会参加費用:2,500円(学生・院生は無料)
参加申込:前田栄三 e3maeda(at)ab.auone-net.jp、小林尚礼 bakoyasi(at)gmail.com
 "Repositioning Shugendo: New Research Directions on Japanese Mountain Religions"
日時:2017年6月19日(月)・6月20日(火)
会場:カリフォルニア大学・サンタバーバラ校
 
We are pleased to announce that the University of California, Santa Barbara, will host the international conference "Repositioning Shugendo: New Research Directions on Japanese Mountain Religions" (June 19 and 20, 2017). Organized by Carina Roth, Andrea Castiglioni, Fabio Rambelli, and Kawasaki Tsuyoshi.
 
MONDAY June 19th
9:00-9:15
Greetings by Fabio Rambelli (UCSB)
Repositioning Shugendo: Keynote Addresses
 
9:15-10:00
Suzuki Masataka (Keio University) 鈴木正崇(慶應義塾大学)
“Towards the Reconstruction of the Study of Mountain Worship and Shugendo in Japan”
10:00-10:45
Hasegawa Kenji (Tokushima Prefectural Musem) 長谷川賢二(徳島県立博物館)
“Shugendo within Japanese Buddhism”
10:45-11:00
Coffee break
11:00-11:45
Hayashi Makoto (Aichi Gakuin University) 林淳(愛知学院大学)
“Comparative Observations on Shugendo, Shinto and Onmyodo”
11:45-1:15
Lunch break
 
Aesthetics, Confraternities and Identities
1:15-2:00
Gaynor Sekimori (SOAS)
“Otake Dainichi Nyorai and Haguro Shugendo: Unearthing a Lost History”
2:00-2:45
Andrea Castiglioni (UCSB)
“Stone-mandalas and Empowering Fasting: Religious Activities of Yudono Ascetics and Lay Devotees in the Edo Period”
2:45-3:00
Coffee break
3:00-3:45
Caleb Carter (Johns Hopkins University)
“Imagining Shugendo in the Eighteenth Century: The Writings and Actions of Join”
3:45-4:30
Janine Sawada (Brown University)
“Mount Fuji Religious Culture in Transition”
 
TUESDAY June 20th
Shugendo in Texts and Context
 
9:00-9:45
Niki Natsumi (National Institute of Technology, Akashi College) 仁木夏実(明石工業高等専門学校)
“Mino’odera engi: The Education of Monks and Lay People”
9:45-10:30
Kawasaki Tsuyoshi (Shujitsu University) 川崎剛志(就実大学)
“En no Gyoja’s Legitimization in the framework of Esoteric Temples”
10:30-10:45
Coffee break
10:45-11:30
Carina Roth (UCSB)
“Iconographic Evolution of En no Gyoja as the Founder of Shugendo”
11:30-12:15
William Fleming (USCB)
“Images of the Shugenja in Early Modern Japanese Literature”
12:15-2:00
Lunch break
 
Votive Objects and Talismans
2:00-2:45
Fujioka Yutaka (Osaka University) 藤岡穣(大阪大学)
“Analysis of the Components and Production Techniques of the Archeological Finds about Zao Gongen at Mount Kinpusen”
2:45-3:30
Max Moerman (Barnard College)
“Shugendo as Social Practice: Kumano Goohoin and Inscribed Oaths in Premodern Japan”
3:30-3:45
Coffee break
3:45-4:15
Fabio Rambelli (UCSB)
“Shugendo Romanticism and the Japanese Quest for Primitive Spirituality”
4:15-5:00
Roundtable and final discussion led by Fabio Rambelli
 
 詳細:Repositioning Shugendo
 大学コンソーシアム石川 公開講座「学都石川の才知」
日時:2017年7月22日(土)14:00〜16:00
会場:石川県政記念 しいのき迎賓館
   金沢市広坂2丁目1−1
 
演者と演題:
14時〜15時:福江充(北陸大学国際コミュニケーション学部准教授)
「富士山・立山・白山を巡る三禅定の旅 特に白山山麓の馬場の問題にも関連して」
15時30分〜16時:由谷裕哉(小松短期大学地域創造学科教授)
「白山信仰と泰澄伝承 白山開山1300年の年にあたって」
 
 詳細:大学コンソーシアム石川
 
 これまでに紹介した研究会・シンポジウム
2010年  2011年   2012年  2013年   2014年  
2015年  2016年   2017年