第11回 九州山岳霊場遺跡研究会「宝満山の古代山岳信仰」
<現地研修会>(参加には申し込みが必要です)
【日程】2021年8月28日(土)14時00分集合・17時00分頃解散予定
【集合・解散場所】竈門神社駐車場(竈門神社下の駐車場・「内山(竈門神社前)」バス停)
【見学場所】竈門神社周辺の宝満山関連史跡等(山頂へは行きません)
【参加費】100円(レジャー保険代として)
【定員】40名(先着順・定員に達し次第、受付を終了します)
 
<研究集会>
【日程】2021年8月29日(日)9:30〜16:00
【会場】筑紫野市文化会館大ホール
【参加費】無料(ただし資料集代は2,500円が必要です)
【定員】200名(申し込み先着順)
 
10:10〜11:10
基調講演「宝満山の山岳信仰」
 森弘子(九州山岳霊場遺跡研究会顧問)
11:20〜11:50
調査報告「宝満山遺跡群の調査成果」
 山村信榮(太宰府市教育委員会文化財課)
11:50〜12:20
研究報告1「宝満山祭祀の創始と展開」
 酒井芳司(九州歴史資料館)
 
13:20〜13:50
研究報告2「最澄造立の檀像とその様相―竈門山寺の檀像薬師を中心に―」
 井形進(九州歴史資料館)
13:50〜14:20
研究報告3「宝満山遺跡群と古代祭祀」
 小嶋篤(九州歴史資料館)
 
14:30〜15:55
シンポジウム「宝満山の古代山岳信仰を考える」
司会:松川博一(九州歴史資料館)
パネラー:森・山村・酒井・井形・小嶋
 
 研究会の詳細・申し込み・特記事項は ご案内(PDF) をご覧ください。チラシ(PDF)
 これまでに紹介した研究会・シンポジウム
2010年  2011年   2012年  2013年   2014年  
2015年  2016年   2017年  2018年   2019年  
2020年  2021年