歴史講座「立山黒部の山岳信仰」
日程:2018年11月17日(土)13:30〜15:00
会場:うなづき友学館(黒部市歴史民俗資料館)2F 視聴覚ホール
講師:加藤基樹(富山県[立山博物館]学芸主任)
 
 詳細:黒部市
「山岳信仰の明治維新」
平成30年度文化講演会
 
日程:2018年9月29日(土)14:00〜16:00
会場:立山町元気交流ステーションみらいぶ
講師:鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授)
 
「江戸時代まで「神仏混淆」の霊山だった「立山」。 明治維新政府の宗教政策により、立山は、全国の他の霊山とともに大きく変化したと言われています。そこで、山岳信仰における明治維新とは何か、わかりやすくお話しします。」(HPより)
 
 詳細:立山博物館
「山と仏教−日本の山林仏教をめぐる教理・考古・建築・歴史・民俗」
日本仏教綜合研究学会 第2回例会
 
日程:2018年9月24日(月)
会場:東京大学史料編纂所大会議室
 
【発表】(各発表40分)
13:05〜13:45
@「仏教における「行」と山」
 蓑輪顕量(東京大学)
 
13:45〜14:25
A「日本古代の山林寺院とその建築」
 箱崎和久(奈良文化財研究所)
 
14:45〜15:25
B「中世後期における修験道と顕密仏教」
 近藤祐介(鶴見大学)
 
15:25〜16:05
C修験道の想像力とは何か
 鈴木正崇(慶應義塾大学)
 
【コメント】曾根正人(就実大学)16:20〜16:40
【討論】16:40〜17:30
 
 詳細:チラシ(PDF)
 仏教文学会 平成30年度大会 講演会
日程:2018年9月15日(土)
会場:慶應義塾大学(三田)北館三階・大会議室
 
【講演】14:10〜17:00
「開山縁起から修験道儀礼へ−戸隠山『顕光寺流記』を中心に」
 鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授)
 
「慈円の「二諦一如」についての追考」
 石川一(奈良大学)
 
 詳細:仏教文学会
「練馬の富士山信仰」
石神井公園ふるさと文化館ふるさと文化講座
 
日程:2018年7月17日(火)〜9月1日(土)
会場:石神井公園ふるさと文化館
講師:小宮佐知子(ふるさと文化館学芸員)
 
「練馬区域では、江戸時代から昭和戦後まで、富士講による富士登拝が盛んに行われていました。 区内を横切る「富士街道」は、富士詣の人々が通ることから、かつては「行者道」とも呼ばれていました。 また、国指定文化財の「江古田の富士塚」をはじめとする区域に残る富士塚からは、往時の篤い信仰心を偲ぶことができます。本講座では、練馬区域における富士山信仰の歴史を紹介します。」(HPより)
 
 詳細:石神井公園ふるさと文化館
 記念講演「大山信仰と日本遺産〜伯耆国大山開山1300年を契機として〜」
企画展「大山開山1300年と大山供養田植」記念講演
 
日程:2018年8月19日(日)13:30〜15:00
会場:帝釈峡まほろばの里 時悠館(広島県庄原市)
講師:野口里美(大山町教育委員会社会教育課文化財室主幹)
 
 詳細:伯耆国「大山開山1300年祭」実行委員会
 第8回九州山岳霊場遺跡研究会「肥後の山岳霊場遺跡−池辺寺と阿蘇山を中心に−」
<現地研修会>
【日程】2017年8月25日(土)13:00〜17:30
【集合・解散場所】下記@・Aのいずれかからお選びください
@九州歴史資料館(福岡県小郡市(西鉄三国が丘駅下車徒歩10分)
(10時00分集合出発・翌26日18時30分ころ帰着)
A肥後の里山ギャラリー(肥後銀行本店1階、JR熊本駅から熊本市営電車「辛島町」電停下車すぐ・熊本交通センターから徒歩約3分、TEL:096-326-7800)
(13時00分集合・17時30分ころ帰着)
 
【見学場所】肥後の里山ギャラリー展覧会「阿蘇山と池辺寺」観覧・池辺寺周辺(金峰山系)など
【参加費】集合・解散場所がAの参加者…2,000円、集合・解散場所が@の参加者…5,000円
【定員】40名(先着順)
 
<情報交換会>
【日程】2018年8月25日(土)18:30〜20:30
【会場】アークホテル熊本城前
【参加費】6,000円(学生は4,000円 ※社会人大学院生は通常料金となります。)
【定員】40名(先着順)
 
<研究集会>
【日程】2018年8月26日(日)9:30(受付開始)〜16:00
【会場】熊本市国際交流会館6階ホール(熊本市中央区花畑町4番18号)
【参加費】2,500円(資料代として)
 
 10:15〜11:15
「肥後における山岳信仰と修験者」(阿蘇品保夫(元八代市立博物館長))
 
 11:15〜11:45
研究報告1「池辺寺跡の調査成果」(網田龍生(熊本市熊本城調査研究センター副所長))
 11:45〜13:00 昼休み
 13:00〜13:30
研究報告2「阿蘇山信仰−古坊中と麓坊中−」(佐藤征子(日本山岳修験学会))
 13:30〜14:00
研究報告3「肥後の中世山岳信仰ゆかりの仏像と神像」(有木芳隆(熊本県立美術館学芸課長))
 14:00〜14:15 休憩
 14:15〜15:45 シンポジウム「肥後の山岳霊場遺跡を考える」
 
司会:村田眞理(肥後の里山ギャラリー主任学芸員)
 15:45〜16:00 閉会
 
 詳細:ご案内(PDF)チラシ(PDF)
 これまでに紹介した研究会・シンポジウム
2010年  2011年   2012年  2013年   2014年  
2015年  2016年   2017年  2018年