「三禅定絵解きフォーラム−立山・白山・富士山と参詣曼荼羅の世界−」
静岡市立登呂博物館 企画展「富士山がみえる」企画展関連講演会
 
【日程】2018年7月29日(日)10:00〜17:30
【会場】名古屋大学東山キャンパス 野依記念学術交流館カンファレンスホール2(2F)
 
【プログラム】
10:00−12:00
 
聖徳太子伝絵解き「黒駒による富士飛翔」
末松美咲 (名古屋大学CHT研究員)
 
報告「富士参詣曼荼羅の特質−図録解釈をめぐって−」
久野華歩(栃木県立博物館学芸嘱託員・学習院女子大学博士後期課程)
 
13:00−17:30
 
シンポジウム「三禅定の世界と参詣曼荼羅絵解きの試み」
司会:阿部泰郎(名古屋大学人文学研究科教授)
報告
 加藤基樹(富山県[白山博物館]学芸課主任・学芸員)
「『三禅定』史料の紹介−立山を中心に−」
 
 小阪大(白山市教育委員会文化財保護課主幹兼白山手取川ジオパーク推進室員)
「白山参詣曼荼羅の絵解き−加賀禅定道を中心に−」
 
 大高康正(静岡県富士世界遺産センター学芸課准教授)
「富士山の参詣曼荼羅と三禅定−松栄寺本の絵解きを中心に−」
 
講演「立山信仰と三禅定」
 福江充(北陸大学国際コミュニケーション学部准教授)
 
総合司会:阿部泰郎
コメンテータ―:土屋貴裕(東京国立博物館主任研究員)
 
 詳細:チラシ(PDF)
 第8回九州山岳霊場遺跡研究会「肥後の山岳霊場遺跡−池辺寺と阿蘇山を中心に−」
<現地研修会>
【日程】2017年8月25日(土)13:00〜17:30
【集合・解散場所】下記@・Aのいずれかからお選びください
@九州歴史資料館(福岡県小郡市(西鉄三国が丘駅下車徒歩10分)
(10時00分集合出発・翌26日18時30分ころ帰着)
A肥後の里山ギャラリー(肥後銀行本店1階、JR熊本駅から熊本市営電車「辛島町」電停下車すぐ・熊本交通センターから徒歩約3分、TEL:096-326-7800)
(13時00分集合・17時30分ころ帰着)
 
【見学場所】肥後の里山ギャラリー展覧会「阿蘇山と池辺寺」観覧・池辺寺周辺(金峰山系)など
【参加費】集合・解散場所がAの参加者…2,000円、集合・解散場所が@の参加者…5,000円
【定員】40名(先着順)
 
<情報交換会>
【日程】2018年8月25日(土)18:30〜20:30
【会場】アークホテル熊本城前
【参加費】6,000円(学生は4,000円 ※社会人大学院生は通常料金となります。)
【定員】40名(先着順)
 
<研究集会>
【日程】2018年8月26日(日)9:30(受付開始)〜16:00
【会場】熊本市国際交流会館6階ホール(熊本市中央区花畑町4番18号)
【参加費】2,500円(資料代として)
 
 10:15〜11:15
「肥後における山岳信仰と修験者」(阿蘇品保夫(元八代市立博物館長))
 
 11:15〜11:45
研究報告1「池辺寺跡の調査成果」(網田龍生(熊本市熊本城調査研究センター副所長))
 11:45〜13:00 昼休み
 13:00〜13:30
研究報告2「阿蘇山信仰−古坊中と麓坊中−」(佐藤征子(日本山岳修験学会))
 13:30〜14:00
研究報告3「肥後の中世山岳信仰ゆかりの仏像と神像」(有木芳隆(熊本県立美術館学芸課長))
 14:00〜14:15 休憩
 14:15〜15:45 シンポジウム「肥後の山岳霊場遺跡を考える」
 
司会:村田眞理(肥後の里山ギャラリー主任学芸員)
 15:45〜16:00 閉会
 
 詳細:ご案内(PDF)チラシ(PDF)
「富士山信仰とそれ以前」
静岡市立登呂博物館 企画展「富士山がみえる」企画展関連講演会
 
【日程】2018年7月21日(土)13:30〜15:00
【会場】静岡市立登呂博物館1階 登呂交流ホール
【講師】大高康正(静岡県富士山世界遺産センター准教授)
 
 詳細:静岡市立登呂博物館
 これまでに紹介した研究会・シンポジウム
2010年  2011年   2012年  2013年   2014年  
2015年  2016年   2017年  2018年