ワークショップ「絵解きで顕わす伊豆・富士山の世界」
日程:2019年1月13日(日)13:30〜15:30
会場:神奈川県立金沢文庫大会議室
講師:阿部美香(名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター)、大高康正(静岡県富士山世界遺産センター)
 
「寺社の縁起や参詣に関する研究の第一人者である阿部美香氏と大高康正氏をお迎えし、2018年度東京大学史料編纂所一般共同研究「参詣曼茶羅図を中心とする富士山信仰史資料の総合的研究と公開」の研究成果をふまえつつ、絵解きで参詣曼荼羅を読み解くワークショップを開催します。」(HPより)
 
 詳細:神奈川県
 特別講演会「伊豆・箱根・富士をめぐる「かたり」の世界」
日程:2018年12月23日(日・祝)13:30〜15:30
会場:神奈川県立金沢文庫大会議室
講師:西岡芳文(上智大学)
 
「東国の霊場と神仏の信仰について、金沢文庫の聖教・古文書や唱導資料の研究を進めてこられた西岡芳文氏にご講演いただきます。」(HPより)
 
 詳細:神奈川県
 シンポジウム「等覚寺の山岳信仰の実像を語る」
特別展「等覚寺の山岳信仰と松会」開催記念シンポジウム
 
日程:2018年12月9日(日)13:30〜16:30
会場:三原文化会館大ホール(苅田町)
 
 詳細:苅田町
 日本仏教綜合研究学会 第17回大会
日程:2018年12月9日(日)
会場:駒澤大学・駒澤キャンパス 1号館 204教場
 
【研究報告】
@ 戦国期京都の土倉酒屋と法華宗信仰 (10:30-11:15)
長崎健吾(東京大学大学院 博士課程)
A 日本天台が与えた趙宋天台への影響―源信問・知礼答『答日本国師二十七問』を中心に―
村上明也(四天王寺大学) (11:15-12:00)
B 日本古代における仏伝美術 (13:00-13:45)
田中健一(文化庁)
C 経蔵のなかの近世と近代―印刷技術の近代化と仏教知の変容― (13:45-14:30)
引野亨輔(千葉大学)
D 深浦円覚寺(真言宗醍醐派)所蔵聖教について―醍醐寺関係書籍・修験道関係書籍を中心に― (14:40-15:25)
渡辺麻里子(弘前大学)
E 近代日本における日蓮信仰の諸相―田中智学を起点として― (15:25-16:10)
三輪是法(身延山大学)
 
【講演】
救済システムとしての「死者供養」―宗教学の視点から― (16:25-17:15)
池上良正(駒澤大学)
 
 詳細:チラシ(PDF)
「近世大和における富士信仰の広がり」
公開講座:葛城学へのいざない
 
日程:2018年12月8日(土)14:00〜
会場:葛城市歴史博物館
講師:山形隆司(奈良教育大学)
 
 詳細:葛城市
 これまでに紹介した研究会・シンポジウム
2010年  2011年   2012年  2013年   2014年  
2015年  2016年   2017年  2018年