これまでに紹介した書籍
2011年  2012年  2013年  2014年  2015年  2016年

『山怪 弐 山人が語る不思議な話』
【著者】田中康弘
【出版情報】山と渓谷社、2017年1月19日刊、1200円 (税別)
【紹介】「ベストセラー『山怪 山人が語る不思議な話』(2015年6月・山と溪谷社)、待望の続編、ついに刊行!今回は、東北から中国・四国地方まで新たに取材を敢行、山里に埋もれつつある興味深い体験談を拾い集めた「現在形のフィールドワーク」である。「新たなる遠野物語の誕生」としてさまざまなメディアで絶賛された前作からさらに拡張する、山で働き、暮らす人々の多様な語りは、自在にしてエキセントリック。「語り遺産」ともいうべき、失われつつある貴重な山人たちの体験に、読む者は震撼しつつ、深い郷愁の念のとらわれる。」(HPより)
 
 山と渓谷社
『感じるままに生きなさい−山伏の流儀』
【著者】星野文紘
【出版情報】さくら舎、2017年1月11日刊、1400円 (税別)
【紹介】「山岳信仰の地・出羽三山で修験道を守り続ける羽黒山伏。そのシンプルな言葉が心と体に効いてくる! ●修験道とは「大自然のなかに身をおいて、感じたことを考える哲学」。まず感じること。それから考える。●山や川や海、人間も本来は自然だからね、じつはうまく混ざる。同じものだからだ。●「うけたもう」羽黒修験だけにある言葉だ。すべてを受け入れる。そこには信頼があるんだろうね。●重要なんだよ、気になるということが。気になるって、頭がさせるわけじゃない。魂がさせるわけだから。気になることをどんどんやれば、魂がよろこぶ。●決断は頭ではできない。決断は魂だ。●魂のまにまに、感じたことをやりなさい。頭で止めないこと。感じたことをどうしてやるかは、考えてやりなさい。魂のまにまにを大事にして。そうするとうまくいく。 自然とつながり、感じることを大切にして生きる。これからの生き方のヒント!」(HPより)
 
 さくら舎