「秘奥深密(ヒミツ)の湯殿山−語られぬ山の物語−」
日程:2021年7月7日(水)〜11月29日(月)
会場:いでは文化記念館
 
「古くから山岳信仰の霊場として栄えてきた出羽三山。
中でも湯殿山は三山の奥の院(もっとも重要な場所)であり、その神秘さゆえに「語るなかれ、聞くなかれ」といわれるほど篤く信仰されています。
さらに湯殿山の開山した丑年にお詣りすれば十二年分のご利益があるとされ、御縁年には多くの参詣者でにぎわいました。
本展では羽黒山と湯殿山の歴史的な関係に焦点をあてながら、明治の神仏分離から近代にかけての変遷を紹介するとともに、民衆を救うため自ら土中に入り即身仏となった湯殿山の一世行人、湯殿山の自然を神仏の姿にあらわした御沢仏など、さまざまなかたちの信仰を継承した湯殿山の知られざる「ヒミツ」に迫ります。」(HPより)
 
 詳細:羽黒町観光協会
「霊山立山天空への祈り−修験から民衆登拝、布橋灌頂会まで」
日程:2021年9月18日(土)〜11月7日(日)
会場:立山博物館
 
「古代における山中修行者の痕跡、山中や山麓周辺に残る仏像や文物、さらには禅定登拝や布橋灌頂会の盛行まで、重要文化財や近年発見された資料などから霊山立山に向けられた人々の祈りと信仰の軌跡をたどります。」(HPより)
 
 詳細:立山博物館
 特別公開 金峯山寺仁王門 金剛力士立像
日程:2021年2月23日(火・祝)〜仁王門修理完了まで(2028年度予定)
会場:奈良国立博物館
 
「奈良県吉野町に位置する金峯山寺(きんぷせんじ)の重要文化財 木造金剛力士立像(こんごうりきしりゅうぞう)2?を、令和3年(2021)2月23日(火・祝)から特別公開いたします。この金剛力士像は、金峯山寺仁王門(国宝)に安置される像高5メートルに達する巨像で、彫刻部門の指定品の中では東大寺南大門像に次いで2番目に大きい像です。像内の銘文より南北朝時代の延元3年(1338)から翌年にかけて南都大仏師康成(こうじょう)によって造られたことがわかっています。同像は令和元年(2019)の夏に仁王門の修理のために搬出され、当館の文化財保存修理所へと移動し、現在保存修理が進められています。保存修理は年内に完了いたしますので、下記の通り、なら仏像館にて展示公開することとなりました。」(HPより)
 
 詳細:チラシ(PDF)
 これまで紹介した企画展
2011年  2012年   2013年  2014年   2015年
2016年  2017年   2018年  2019年   2020年  2021年