「熊野古道小辺路−二つの聖地を結ぶ道−」
企画展 シリーズ熊野古道
 
日程:2018年4月21日(土)〜6月17日(日)
会場:三重県立熊野古道センター
 
「空海が開山した真言密教の聖地「高野山」と熊野三山のひとつ「熊野本宮大社」を最短距離で結ぶ経路を熊野参詣道(熊野古道)小辺路と呼び、紀伊半島のほぼ中央を南北に通っています。約70qの行程の間には、標高1,000mを超える峠が4つあり、山岳路としての要素が強く、熊野参詣道の中でも最も険しい道であるといわれます。小辺路の起源は、もともと紀伊山地山中の地域住民の生活道として拓かれたもので、やがて高野山や熊野三山へ参るための参詣道として利用されたことにあると考えられています。
小辺路の初見は、近世初頭の笑話集『醒酔笑』巻一で、その後、伊予国の武将土井清良が高野山から小辺路を通過し、伊勢に参詣した際の『清良記』、大阪の商人が綴った『熊野めぐり』や伊丹の酒造家の紀行文『三熊野参詣道中記』などに登場します。
本展では、生活道としてあるいは参詣道として様々な役割を果たした熊野古道小辺路について、近世から現代までどのような人が通行し、どのような振舞いをしたのかを明らかにするとともに、小辺路に関わる史料や道中の道標、町石、茶屋跡などの交通遺跡などを紹介し、熊野参詣道小辺路の魅力にせまります。」(HPより)
 
 詳細:熊野古道センター
「大石の山の神」
日程:2018年4月21日(土)〜6月17日(日)
会場:大津市歴史博物館
 
「市内では、現在も各地で山の神祭が行われています。かつて人々は燃料等を得るため山に入ることが日常で、その安全を神に祈りました。大石に残された山の神の祭場を記した江戸時代の絵図から、山と人々の暮らしの一端を考えてみます。」(HPより)
 
 詳細:大津市歴史博物館
「宇佐宮と国東のみ仏」
六郷満山開山1300年記念
 
日程:2018年5月25日(金)〜7月1日(日)
会場:大分県立歴史博物館
 
「平成30年に開山1300年を迎えるとされる六郷満山は、歴史的には宇佐神宮の神宮寺である弥勒寺と深く結びつきながら展開していきました。弥勒寺は、明治時代の神仏分離にともない廃絶してしまいますが、弥勒寺にまつられていた仏像は、今も県内各地に伝えられています。本展では、宇佐神宮および弥勒寺にゆかりの仏さまや六郷満山の寺院に伝わる仏さまをとおして宇佐・国東の魅力を紹介します。」(HPより)
 
 詳細:大分県立歴史博物館
「祈りのかたち−山岳信仰と末法思想−」
日程:2018年5月15日(火)〜2019年6月9日(日)
会場:東京国立博物館 平成館 考古展示室
 
「奈良時代の終わりから平安時代にかけて、山林で修行する僧によって広められた山岳信仰は、わが国の古代社会において独自の発展を遂げた信仰形態のひとつであり、やがて修験道へと展開していきます。本展示では、山岳信仰の代表的な霊場として著名な奈良県大峯山頂や栃木県日光男体山の山頂の出土品を展示し、山岳信仰で用いられた品の種類や使われ方など紹介します。」(HPより)
 
 詳細:東京国立博物館
「羽黒山伏と歩く覚諄別当ゆかりの史跡を辿る羽黒山登拝」
いでは文化記念館企画展「観音様と羽黒山」記念イベント
 
第1回 正善院黄金堂編
6月9日(土)午前9時〜12時
 
第2回 石段参道〜羽黒山頂編
6月17日(日)午前9時30分〜12時30分
 
第3回 羽黒山頂〜羽黒山荒澤寺編
6月30日(土)午前9時30分〜12時30分
 
 詳細:チラシ(PDF)
「大いなる神仏の山 大山−その歴史と民俗−」
日程:2018年6月2日(土)〜7月1日(日)
会場:鳥取県立博物館
 
「今年は、大山が開山されたという養老2年(718)から1300年に当たります。古来、大山を「神」とする山岳信仰があり、地蔵信仰のメッカとして、また牛馬の守護神として全国にその名を馳せました。
 近年、大山寺の僧坊跡調査によって中世にさかのぼる貴重な遺物が出土し、全国的な注目を浴びました。さらに、平成28年には「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」として日本遺産に認定され、大山に関する文化財の魅力が再評価されています。
 本展では、大山寺や大神山神社が所蔵する重宝を中心に、全国に点在する大山関係資料を一堂に展示します。あわせて、この度初公開の大山寺中興の祖・豪円関係の資料も紹介します。」(HPより)
 
 詳細:チラシ(PDF)
「肥後の山岳信仰 阿蘇山と地辺寺〜龍伝説の残る山岳寺院〜」
日程:2018年7月17日(火)〜9月1日(土)
会場:肥後の里山ギャラリー(熊本市)
 
「阿蘇山と称された西巌殿寺と国指定史跡・池辺寺。肥後国を代表する山岳寺院の歴史と名宝を紹介。」(HPより)
 
 詳細:肥後の里山ギャラリー
「描かれた山〜富士山を中心に〜」
日程:2018年4月21日(土)〜6月17日(日)
会場:板橋区立郷土資料館
 
「幕末から昭和にかけて描かれた山を展示します。刷り物だけでなく、絵画・焼物などに描かれたものも紹介します。刷り物に見える山・富士山は実際にみたものを描いたとは 限らず、絵師の創造のなかで描かれ、現実ではあり得ない構図もあります。このような構図を考えた絵師の思いを感じてみましょう。さらに、日本人が愛してやまない「富士山」は世界文化遺産に登録されましたが、様々な絵師が富士山を描いています。絵師の描く富士山の世界を見てみましょう。また、「富士山」は信仰の山でもあります。かつて板橋区域にも富士講が存在しています。信仰が描く富士山の姿を見て人々の心を感じてみましょう。」(HPより)
 
 詳細:板橋区立郷土資料館
「開山 小尾権三郎」
日程:2018年4月28日(土)〜7月1日(日)
会場:八ヶ岳総合博物館(茅野市)
 
「甲斐駒ヶ岳を開山した延命行者 小尾権三郎(1796-1819)は、信濃国諏訪郡上古田村(現在の茅野市豊平上古田区)の生まれ、文化13(1816)年に開山に成功しました。没後200年にあたり、その遺品や自画像などを展示します。」(HPより)
 
■ギャラリートーク
2018年6月23日(土)13:00〜15:00
 
 詳細:八ヶ岳総合博物館
「国宝・羽黒山五重塔特別拝観」「羽黒三所大権現秘仏初公開」
日程:2018年4月28日(土)〜11月4日(日)
会場:出羽三山神社
 
「出羽三山神社において「国宝・羽黒山五重塔特別拝観」と「羽黒三所大権現秘仏初公開」が行われます。 五重塔の内部を拝観できる貴重な機会です。今年は庄内三十三観音の御開帳拝観と併せて、ぜひ羽黒山へお越し下さい。」(HPより)
 
 詳細:羽黒町観光協会
「内藤正敏 異界出現」
日程:2018年5月12日(土)〜7月16日(月・祝)
会場:東京都写真美術館
 
■トーク「内藤正敏の世界」
2018年6月8日(金)18:00〜19:30
飯沢耕太郎(写真評論家)×松岡正剛(編集工学者)
 
2018年6月29日(金)18:00〜19:30
赤坂憲雄(民俗学者・学習院大学教授)
 
「本展は異色の写真家・内藤正敏の50年を超える軌跡をたどりご紹介します。作家は60年代の初期作品において、化学反応で生まれる現象を接写して生命の起源や宇宙の生成の姿を捉えました。その後、山形県・湯殿山麓での即身仏との出会いをきっかけに、60年代後半から80年代にかけて、主に東北地方で民間信仰の現場に取材した〈婆バクハツ!〉〈遠野物語〉など刺激的な写真シリーズを次々と発表しました。また作家は自らの写真に触発された民俗学研究も手がけ、東北と江戸・東京、科学と宗教といった異質なテーマを交差させ、日本文化の隠された思想体系を発見する研究論文をこれまでに多数発表してきました。90年代以降は、そうした研究と自身の想像力を融合させ、修験道の霊山における空間思想を解読するシリーズ〈神々の異界〉を手がけています。
「モノの本質を幻視できる呪具」である写真と、見えない世界を視るための「もう一つのカメラ」である民俗学を手段として、現世の向こう側に幻のように浮かび上がる「異界」を発見する人、内藤正敏。そのヴィジョンは、今日の私たちに大きな戦慄と深い洞察を与えてくれるはずです。本展は主な写真シリーズを通して、その50年を超える足跡をたどるとともに、その表現に通底する独自の世界観、生命観をとらえていきます。」(HPより)
 
 詳細:チラシ(PDF)
 特別展「近世 御師の活躍とおいぬ様」
日程:2018年3月10日(土)〜2019年2月3日(日)頃までの間の土日祝日
会場:武蔵御嶽神社 宝物殿
 
「江戸中期以降より盛んになった「おいぬ様信仰」について、御師の活躍を通しご紹介していまいす。
古文書などの展示に加え、フォトグラファー鶴巻育子さんによる、社家に伝えられる「おいぬ様」の写真も展示しています。
普段では見ることが出来ない「おいぬ様」を是非ご覧頂ければと思います。」(Facebookより)
 
 詳細:Facebook
「富士山を識る」
世界遺産登録5周年 小林謙光富士山資料コレクション
 
日程:2018年4月21日(土)〜6月24日(日)
会場:静岡県富士山世界遺産センター
 
「「小林謙光富士山資料コレクション」と命名されたこの資料群は、御殿場市出身の郷土史研究家・小林謙光氏が収集したもので、その内容は、江戸時代後期から昭和初期までの絵図・古文書・古典籍・地図・絵はがき・古写真に加え、現代のポスターやチラシ、ガイドブック、登頂記念品など多岐にわたります。なかでも、明治期から昭和期にかけて発行された絵はがき約7,000枚は、富士山頂や登山道、周辺地域を写した写真資料として高い価値を持ち、当時の富士登山の様子を今に伝える研究資料としての活用も期待されます。
今回の企画展では、小林コレクションの初公開にあたり、その多彩な資料群の柱である、絵図・古典籍・地図・登山案内書・絵はがきを中心に展示し、江戸時代から、明治・大正・昭和にいたる富士山と富士登山の歴史の一端を紹介します。
富士山に魅了された小林謙光氏の旧蔵品を通して、より深く富士山を「識る」、きっかけとなれば幸いです。」
 
 詳細:静岡県富士山世界遺産センター
 庄内札所三十三霊場(庄内三十三観音霊場)巡礼の旅
日程:2018年5月1日(火)〜10月31日(水)
 
「庄内札所三十三霊場(庄内三十三観音霊場)では、平成22年に開創300年記念御開帳を行いましたが、平成30年(2018年)に8年ぶりに御開帳を行うこととなりました。御開帳は、平成30年5月1日(火)から10月31日(水)の6ヶ月間となります。御開帳の期間は、各霊場からに彩色の御影(おみえ)がいただけるほか、35霊場全て巡礼された方には、庄内札所結願印(けちがんのいん)がいただけます。
今年の庄内札所三十三霊場を皮切りに2019年に置賜、2020年に最上と3年連続で御開帳が行われます。 」(HPより)
 
 詳細:庄内観光コンベンション協会
 
 これまで紹介した展覧会
2011年  2012年   2013年  2014年   2015年
2016年  2017年   2018年