【2018年】
※すでに終了したイベントです。
「山岳信仰と修験道」
山北町地方史研究会 文化講演会
日程:2018年2月10日(土)13:30〜15:30
会場:山北町生涯学習センター3階 視聴覚ホール
講師:鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授、日本山岳修験学会長)
主催:山北町地方史研究会
 
 詳細:広報やまきた(おしらせ版)2018年1月16日号(PDF)
 山梨県富士山総合学術調査研究シンポジウム
日程:2018年2月10日(土)13:30〜17:00
会場:山中湖情報創造館 研修室
主催:山梨県立富士山世界遺産センター、山中湖村教育委員会
 
【基調講演】「元禄地震と富士山の災害」
講師:北原糸子(立命館大学都市防災研究センター客員研究員・山梨県文化財保護審議会委員)
 
報告1「法華の教線拡大に見る甲駿交通路」
堀内亨(甲府市教育委員会)
報告2「二つの古道とその変遷― ヅナ坂越と籠坂越―」
野村晋作(山中湖村教育委員会)
報告3「伝承から探る甲駿国境地域」
堀内眞(山梨県立富士山世界遺産センター)
 
パネルディスカッション「甲駿国境における参詣路の考察と特定」
 
 詳細:チラシ(PDF)
「歴史遺産としての求菩提山の保存と活用」
九州歴史資料館 九歴講座
 
日程:2018年2月10日(土)13:30〜15:30
会場:九州歴史資料館
講師:栗焼憲児(求菩提資料館館長)
 
 詳細:チラシ(PDF)
「白山信仰と禅定道」
日程:2018年2月10日(土)13:30〜15:30
会場:深田久弥 山の文化館 聴山房(石川県加賀市)
講師:宮下幸夫(元小松市立博物館館長)
 
 詳細:山の文化館
「出羽三山、時空を歩く」
日本遺産出羽三山シンポジウム in 東京
日程:2018年2月9日(金)19:30〜21:10
会場:新宿区立四谷区民ホール(四谷区民センター9F)
パネリスト:稲田美織(写真家)、坂本大三郎(山伏)、大槻レナ(山伏、東京在住)、エバレット・ブラウン(写真家)
コーディネーター:小林好雄氏(出羽庄内地域文化情報誌クレードル編集長)
 
 詳細:チラシ表(PDF)チラシ裏(PDF)
「列島の霊場−聖なる地の誕生の物語−」
日程:2018年2月9日(金)13:30〜16:30
会場:東北大学川内北キャンパス マルチメディア棟6階
 
報告者:荒木志伸(山形大学)
「考古学からみた霊場・山寺立石寺の成立と変遷」
 
佐藤弘夫(東北大学)
「浄土への階梯−「陸奥国骨寺村絵図」のコスモロジー」
 
小林奈央子(愛知学院大学)
「神と人がつくりだす「聖地」−御嶽講における御座の巫儀−」
 
 詳細:チラシ(PDF)
「出羽三山1400年の歴史と未来を語る」
日本遺産シンポジウム in 山形
日程:2018年1月28日(日)13:30〜16:20
会場:山形国際交流プラザ「山形ビッグウイング」大会議室
 
【基調講演】「日本遺産を活かした地域活性化について」
講師:稲葉信子(日本遺産審査委員会委員長、筑波大学教授)
 
【パネルディスカッション】「日本遺産出羽三山の魅力」
コーディネーター:小林好雄((株)出羽庄内地域デザイン代表取締役)
アドバイザー:稲葉信子
パネリスト:宮野直生(出羽三山神社宮司)、岩鼻通明(山形大学農学部教授)、志田靖彦(志津温泉つたや代表取締役)、佐藤真美(山新観光(株)取締役副営業本部長)、土岐彰(出羽三山精進料理プロジェクト代表、旅館「多聞館」館主)、エバレット・ブラウン(写真家)
 
 詳細:チラシ表(PDF)チラシ裏(PDF)
「修験からみた現代人の生き方」
綜藝種智院教育後援会記念講演会
日程:2018年1月23日(火)14:30〜16:50
会場:種智院大学 講義室401
講師:田中利典(種智院大学客員教授)、宮城泰年(本山修験宗聖護院門跡門主)
 
 詳細:種智院大学