【2019年】
※すでに終了したイベントです。
 シンポジウム「葛城修験の信仰・儀礼・言説―向井家文書・聖護院文書のコスモロジーとその四周―」
日程:2019年3月9日(土)13:00〜17:00
会場:和歌山県立博物館 2階学習室
 
講師:小橋勇介(和歌山市立博物館)
「向井家文書からみた葛城修験」
講師:長村祥知(京都文化博物館)
「聖護院文書にみる葛城嶺修行」
講師:大橋直義(和歌山大学)
「『七宝瀧寺縁起』と志一上人のことなど」
講師:大河内智之(和歌山県立博物館)
「中津川行者堂碑伝にみる葛城修験の護法善神―深蛇大王と二上権現―」
 
 詳細:チラシ チラシ(ウラ)
 詳細:紀州経済史文化史研究所
「内山永久寺はなぜなくなったのか」
連続講座「ヤマトの歴史絵巻」第6回
 
日程:2019年3月1日(金)13:30〜15:00
会場:天理参考館研修室
講師:幡鎌一弘(天理大学文学部歴史文化学科教授)
 
 詳細:天理参考館
 特別講演「近世の富士山にみる宣伝と集客−小林謙光コレクション「須走中心富士細密絵図」をめぐって−」
企画展「富士山と須走口−須走口登山道調査速報展−」
 
日程:2019年1月27日(日)13:30〜15:00
会場:静岡県富士山世界遺産センター研修室
講師:青柳周一(滋賀大学経済学部附属史料館教授)
 
 詳細:チラシ(PDF)
 ワークショップ「絵解きで顕わす伊豆・富士山の世界」
日程:2019年1月13日(日)13:30〜15:30
会場:神奈川県立金沢文庫大会議室
講師:阿部美香(名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター)、大高康正(静岡県富士山世界遺産センター)
 
「寺社の縁起や参詣に関する研究の第一人者である阿部美香氏と大高康正氏をお迎えし、2018年度東京大学史料編纂所一般共同研究「参詣曼茶羅図を中心とする富士山信仰史資料の総合的研究と公開」の研究成果をふまえつつ、絵解きで参詣曼荼羅を読み解くワークショップを開催します。」(HPより)
 
 詳細:神奈川県