【2020年】
※すでに終了したイベントです。
「聖地の記述/記録―熊野を中心に」
東大人文・熊野フォーラム
 
日程:2020年1月12日(日)13:00?18:00
会場:東京大学本郷キャンパス 法文2号館一番大教室
 
プログラム(開場 12:30〜)
13:00〜 開会挨拶 大西克也(人文社会系研究科長)
趣旨説明「聖地の記述/記録」秋山聰(人文社会系研究科教授)
 
13:40〜 
「禅僧天田愚庵の『巡礼日記』:熊野詣を読む」林雅彦(明治大学名誉教授・国際熊野学会前代表)
「聖なる空間の建築記述・記録:文字、絵図、立体―熊野神倉権現社の記録を中心に」松崎照明(東京家政学院大学特任教授)
14:40〜 休憩
15:00〜 
「古代ギリシャ神域の記述と信仰の記憶」芳賀京子(人文社会系研究科准教授)
「孔子を神として祭る:曲阜文廟の歴史」小島毅(人文社会系研究科教授)
「聖地熊野の捨身行:古記録から秘伝へのアプローチ」山本殖生(国際熊野会代表)
16:30〜 休憩
16:50〜 ディスカッション
 
主催:東京大学大学院人文社会系研究科・文学部 共催:国際熊野学会
後援:新宮市(予定)、科学研究費補助金挑戦的研究(萌芽18K18477)