【2017年】
※すでに終了したイベントです。
「山伏が語る峰入り−羽黒山から−」
日程:2017年8月6日(日) 13:30〜15:30
会場:
 
講師:小川泰樹(九州歴史資料館発掘技師)
 
 詳細:チラシ(PDF)
「ニホンオオカミと三峯」
特別展「神になったオオカミ−秩父山地のオオカミとお犬様信仰」関連イベント
日程:2017年8月6日(日)13:30〜15:00
会場:埼玉県立川の博物館
 
講師:山口民弥(秩父宮記念三峰山博物館名誉館長)
 
 詳細:埼玉県立川の博物館
 ドキュメンタリー映画『廻り神楽』完成記念特別上映会
【宮古市会場】旧みやこシネマリーン
2017年7月17日(月・海の日) (1)10:30 (2)14:30 (3)18:30 (各回15分前開場)
参加費:一般1,500円、高校生以下1,000円
上映後、監督とケ゛ストによるトークを予定
会場:宮古市小山田2-2-1 いわて生協マリンコーフ゜DORA 2F
 
【東京会場】早稲田大学 小野記念講堂 [共催:早大文学学術院和田研究室]
2017年7月30日(日) 13:45〜 (13時半開場)
参加費:早稲田大学学生・教職員は身分証提示て゛無料、その他の方は1,000円て゛こ゛入場て゛きます
上映後、監督とケ゛ストによるトークを開催
登壇者:神田より子(敬和学園大学教授) 和田修(早大文学学術院准教授)
会場:東京都新宿区西早稲田1-16-1 早稲田大学27号館地下2階
 
問い合わせ:ヴィジュアルフォークロア TEL:03-3352-2291
 
 詳細:公式サイト『廻り神楽』
「密教の修法と造形−孔雀明王をめぐる政治・教理・説話・美術」
日本仏教綜合研究学会 第1回例会
日時:2017年7月30日(日)
会場:東京大学史料編纂所 大会議室(情報学環・福武ホールB1F)
参加費:無料
 
【タイムスケジュール】
会長挨拶 吉田一彦(名古屋市立大学) 13:00〜13:05
 
【発表】司会:菊地大樹(東京大学)
「孔雀王呪から孔雀明王へ」13:05〜13:45
 野口圭也(大正大学)
「役優婆塞の孔雀王呪法と鬼神」13:45〜14:25
 吉田一彦(名古屋市立大学)
(休憩)
「密教修法の歴史的変遷と孔雀経法」14:45〜15:25
 上島享(京都大学)
「孔雀明王造像の展開―唐・宋・日本―」15:25〜16:05
 増記隆介(神戸大学)
 
【討論】16:20〜17:30
 
詳細:チラシ(PDF)
 文化講演会「姥神信仰の地域的展開」
日程:2017年7月29日(土)14:00〜16:00
会場:立山町元気交流ステーションみらいぶ1階
 
講師:松崎憲三(成城大学文芸学部教授・民俗学研究所所長)
「「うば尊」は、姥神や姥権現とも呼ばれ、その正体は「山の神」とも「山姥」とも考えられています。さらには、奪衣婆信仰などの影響もあって、その性格は多様なものとなっています。そこで、芦峅寺のうば尊を考えるにあたり、各地で祀られている姥神・姥尊の性格やそこでの信仰の展開についてわかりやすくお話していただきます。」(HPより)
 
参加費:無料、定員100名(先着順) ※申込不要
 
 詳細:富山県文化振興財団
 勝山城博物館特別展覧会「白山のいざない」講演会
【第1回】2017年7月22日(土)13:30〜15:00
「泰澄大師と古代の勝山」 宝珍伸一郎(勝山市教育委員会史跡整備課)
 
【第2回】2017年9月23日(土)13:30〜15:00
「平泉寺ゆかりの絵図について」 山田雄造(勝山市市史編さん室)
 
会場:勝山城博物館2階障壁画ホール
定員:先着80名様程度を予定(予約不要)
 
 詳細:勝山城博物館
 大学コンソーシアム石川 公開講座「学都石川の才知」
日時:2017年7月22日(土)14:00〜16:00
会場:石川県政記念 しいのき迎賓館
   金沢市広坂2丁目1−1
 
演者と演題:
14時〜15時:福江充(北陸大学国際コミュニケーション学部准教授)
「富士山・立山・白山を巡る三禅定の旅 特に白山山麓の馬場の問題にも関連して」
15時30分〜16時:由谷裕哉(小松短期大学地域創造学科教授)
「白山信仰と泰澄伝承 白山開山1300年の年にあたって」
 
 詳細:大学コンソーシアム石川
 第41回雲南懇話会
日時:2017年7月17日(月)12:45〜17:30
会場:JICA市ヶ谷ビル 国際会議場
 
「日本人にとって山とは何か −自然と人間、神と仏−」
 日本山岳修験学会会長 慶應義塾大学名誉教授 鈴木正崇
ほか
 
懇話会参加費用:2,500円(学生・院生は無料)
参加申込:前田栄三 e3maeda(at)ab.auone-net.jp、小林尚礼 bakoyasi(at)gmail.com
 歴史・文化講演会「山岳信仰の歴史と民俗」
日時:2017年7月9日(日)13:30〜15:00
会場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
(埼玉県立歴史と民俗の博物館・埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会共催)
 
講師:鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授・本学会会長)
 
参加費:300円
申込:埼玉県立歴史と民俗の博物館
 特別講演会「山と温泉と考古学」
日程:2017年7月9日(日)13:30〜15:30 
会場:粟津演舞場(小松市)
 
講師:橋本裕行(奈良県立橿原考古学研究所)
 
 詳細:小松市
 特別講演会「山に挑むということ」
日程:2017年7月8日(土)14:00〜 
会場:富士山かぐや姫ミュージアム
 
講師:草分俊顕(京都・聖護院門跡)
 
 詳細:富士山かぐや姫ミュージアム
 ギャラリートーク「於竹大日如来と不思議なガラ紡」
いでは文化記念館企画展示「摩訶不思議!出羽三山展」開催記念イベント
日程:2017年7月8日(土)13:30〜14:30
会場:いでは文化記念館
講師:天野武弘(愛知大学中部地方産業研究所)
 
 詳細:羽黒町観光協会チラシ(PDF)
 白山開山1300年記念「山の日」シンポジウム in 郡上
日時:2017年7月7日(金)13:30〜16:30
会場:郡上市総合文化センター 文化ホール
 
記念講演「スピリチュアル・ランドスケープ(精神的標)の象徴 白山」
講師:涌井史郎氏(岐阜県立森林文化アカデミー学長)
 
特別講演「白山ユネスコエコパークの意義と今後の可能性〜環白山の視点から」
講師:飯田義彦氏(国連大学IAS OUIKリサーチアソシエイト
 
パネルディスカッション「白山の自然と文化の伝承」
 
参加料:無料
定員:600名(先着順)
問合せ・申込先:岐阜県環境生活部環境企画課
 連続講演会3「平泉寺堂供養表白を読み解く」
白山・平泉寺開山1300年記念連続講演会
日程:2017年7月2日(日)13:30〜16:00 
会場:白山平泉寺歴史探遊館まほろば
 
演題:「平泉寺の歴史・再発見−国宝称名寺聖教『上素帖』「平泉寺堂供養表白」を読み解く−」
講師:阿部美香氏(東京大学史料編纂所特任研究員)
トーク:阿部美香氏、平泉隆房氏(金沢工業大学教授)
 
 詳細:勝山市
 熊野古道センター講演会
日時:2017年6月25日(日)13:30〜15:00
会場:三重県立熊野古道センター
 
講師:池田淳氏(吉野町教育委員会事務局主幹 兼 吉野歴史資料館長)
「峰入−大峯入峰修行の世界−」
 
定員:100名(要申込・先着順)
申込期間:5月25日(木)〜6月24日(土)17:0まで
 
詳細:熊野古道センター
 "Repositioning Shugendo: New Research Directions on Japanese Mountain Religions"
日時:2017年6月19日(月)・6月20日(火)
会場:カリフォルニア大学・サンタバーバラ校
 
We are pleased to announce that the University of California, Santa Barbara, will host the international conference "Repositioning Shugendo: New Research Directions on Japanese Mountain Religions" (June 19 and 20, 2017). Organized by Carina Roth, Andrea Castiglioni, Fabio Rambelli, and Kawasaki Tsuyoshi.
 
MONDAY June 19th
9:00-9:15
Greetings by Fabio Rambelli (UCSB)
Repositioning Shugendo: Keynote Addresses
 
9:15-10:00
Suzuki Masataka (Keio University) 鈴木正崇(慶應義塾大学)
“Towards the Reconstruction of the Study of Mountain Worship and Shugendo in Japan”
10:00-10:45
Hasegawa Kenji (Tokushima Prefectural Musem) 長谷川賢二(徳島県立博物館)
“Shugendo within Japanese Buddhism”
10:45-11:00
Coffee break
11:00-11:45
Hayashi Makoto (Aichi Gakuin University) 林淳(愛知学院大学)
“Comparative Observations on Shugendo, Shinto and Onmyodo”
11:45-1:15
Lunch break
 
Aesthetics, Confraternities and Identities
1:15-2:00
Gaynor Sekimori (SOAS)
“Otake Dainichi Nyorai and Haguro Shugendo: Unearthing a Lost History”
2:00-2:45
Andrea Castiglioni (UCSB)
“Stone-mandalas and Empowering Fasting: Religious Activities of Yudono Ascetics and Lay Devotees in the Edo Period”
2:45-3:00
Coffee break
3:00-3:45
Caleb Carter (Johns Hopkins University)
“Imagining Shugendo in the Eighteenth Century: The Writings and Actions of Join”
3:45-4:30
Janine Sawada (Brown University)
“Mount Fuji Religious Culture in Transition”
 
TUESDAY June 20th
Shugendo in Texts and Context
 
9:00-9:45
Niki Natsumi (National Institute of Technology, Akashi College) 仁木夏実(明石工業高等専門学校)
“Mino’odera engi: The Education of Monks and Lay People”
9:45-10:30
Kawasaki Tsuyoshi (Shujitsu University) 川崎剛志(就実大学)
“En no Gyoja’s Legitimization in the framework of Esoteric Temples”
10:30-10:45
Coffee break
10:45-11:30
Carina Roth (UCSB)
“Iconographic Evolution of En no Gyoja as the Founder of Shugendo”
11:30-12:15
William Fleming (USCB)
“Images of the Shugenja in Early Modern Japanese Literature”
12:15-2:00
Lunch break
 
Votive Objects and Talismans
2:00-2:45
Fujioka Yutaka (Osaka University) 藤岡穣(大阪大学)
“Analysis of the Components and Production Techniques of the Archeological Finds about Zao Gongen at Mount Kinpusen”
2:45-3:30
Max Moerman (Barnard College)
“Shugendo as Social Practice: Kumano Goohoin and Inscribed Oaths in Premodern Japan”
3:30-3:45
Coffee break
3:45-4:15
Fabio Rambelli (UCSB)
“Shugendo Romanticism and the Japanese Quest for Primitive Spirituality”
4:15-5:00
Roundtable and final discussion led by Fabio Rambelli
 
 詳細:Repositioning Shugendo
 白山・平泉寺開山1300年記念連続講演会 2
日時:2017年6月18日(日)13:30〜
会場:白山平泉寺歴史探遊館まほろば
 
演題「経塚からみた白山信仰」
講師:村上雅紀氏(越前町織田文化歴史館)
 
詳細:勝山市
参考記事:「白山信仰伝わる経筒 経ケ岳の出土品企画展」(中日新聞2017年5月27日WEB版)
参考記事:「山頂で発見「文化財」帰属先どこ 平泉寺ゆかり経筒、20年決まらず」(福井新聞2017年5月28日WEB版)
 白山エコカフェ2017 in 郡上高鷲
日時:2017年6月17日(土)10:00〜12:30
会場:郡上市高鷲町町民センター研修室
 
講演1「白山修験の展開−美濃馬場を中心に−」
講師:宮家準氏(慶應義塾大学名誉教授・本学会名誉会長)
 
講演2「美濃白山修験・鳩居峰二十八宿」
講師:高橋教雄氏(郡上市文化財審議委員会委員長)
 「宗教とツーリズム」研究会
日時:2017年6月10日(土)14:00〜17:30
会場:駒澤大学 駒沢キャンパス本部棟6階中会議室2
 
大道晴香氏(國學院大学大学院)
「近代的ツーリズムの成立と聖地構造の変容−霊場恐山における参詣の在り様をめぐって−」
 
平山昇氏(九州産業大学)
「大正・昭和戦前期の伊勢神宮・明治神宮参拝の動向について−娯楽とナショナリズムの両側面から−」
 
「宗教とツーリズム」研究会
 日本宗教民俗学会2017年度大会
講師:
日時:2017年6月10日(土)10:00〜
会場:大谷大学 響流館3階メディアホール
 
【午前の部:一般報告】
(1)数元彬(本学会会員)
「中世伊勢神宮に伝わる神話について」
(2)山中崇裕(佛教大学大学院博士後期課程)
「六斎念仏の成立にかんする再考察」
(3)石黒智教(一宮市博物館)
「尾張の一宮御師」
 
【午後の部:基調講演 シンポジウム】
テーマ:花祭再考 ―五来重の神霊観念を越えて―
≪基調講演≫ 13:00〜14:00
「「花祭り」の意味するもの ―花祭りへの五来重の視点―」
山崎一司(民俗芸能学会評議員)
 
≪シンポジウム≫
第1部:パネラー報告 14時15分〜
「神霊観念の諸相について」
コーディネーター:久保田裕道(東京文化財研究所無形民俗文化財研究室長)
「花祭の中の岩戸神話 ―仏教花から神道花へ―」
矢嶋正幸(民俗芸能学会会員)
「花祭研究の現在的課題 ―「霜月神楽」・中世神楽・祭文―」
井上隆弘(佛教大学総合研究所嘱託研究員)
コメンテーター
星優也(佛教大学大学院博士後期課程)
山崎一司(民俗芸能学会評議員) 司会:本林靖久(大谷大学非常勤講師)
 
第2部:討論 〜17:15
 
 大会プログラム(PDF)
 花祭シンポ要旨(久保田裕道)(PDF)
 日本宗教民俗学会
 第869回 東京都立大学・首都大学東京社会人類学研究会
日時:2017年6月9日(金)17:00から2時間程度
会場:首都大学東京 南大沢キャンパス 5号館1階142教室
 
「現代日本の山岳修行における共同性の問題」
 天田顕徳(東京家政大学非常勤講師)
 
社会人類学研究会
「相模の山岳信仰−大山・八菅・山北・秋葉」
公益社団法人日本山岳会神奈川支部 「山の日」施行記念公開講演会
 
講師:鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授・本学会会長)
日時:2017年5月20日(土)13:30〜15:30
会場:神奈川大学横浜キャンパス 3号館305号室
 
 詳細:チラシ(PDF)
 歴史講演会「六郷満山の歴史と信仰」
講師:飯沼賢司(別府大学教授)
日時:2017年5月13日(土)13:30〜15:30
会場:北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
 
 詳細:いのちのたび博物館
「中世神道・中世神話と神楽・祭文研究−花祭といざなぎ流を中心に−」
日時:2017年4月23日(日)
場所:国際日本文化研究センター 第5共同研究室(定員25名)
 
【プログラム】 
13:00〜13:10 趣旨説明    
13:10〜13:40 報告1 斎藤 英喜(佛教大学 教授)
「中世神楽・祭文といざなぎ流、花祭−研究史の整理と今後の課題」
13:40〜14:10 報告2 梅野 光興(高知県立歴史民俗資料館 学芸員)
「いざなぎ流と花祭−神楽・仮面・鎮め−」(仮)
14:20〜14:50 報告3 松山由布子(名古屋大学 人文学研究科研究員)
「名古屋大学による花太夫所蔵文献アーカイヴス化とその可能性について」(仮)
14:50〜15:20 報告4 星優也(佛教大学大学院文学研究科歴史学専攻博士後期課程)
「花祭の儀礼世界−『天の祭り』の次第と祭文をめぐって−」
15:30〜16:30 総合討論
コメント:阿部泰郎(名古屋大学 教授)、小松和彦(国際日本文化研究センター 所長)他
16:30〜17:30 運営会議
19:00〜 懇親会(場所未定:京都駅付近を予定)
 
共催
・名古屋大学人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター
・国際日本文化研究センター怪異・妖怪文化資料データベースプロジェクト
・いざなぎ流と物部川流域の文化を考える会
 紀州地域学共同研究会 第4回研究集会
 
日程:2017年3月17日〜19日
 
【第1日】3月17日 13:30〜17:30
公開シンポジウム「紀州地域の〈うた〉と聖地」
 
会場:和歌山県立情報交流センターBig・U 研修室2
報告
山本啓介/YAMAMOTO Keisuke(新潟大学)
「紀州の名所歌枕概説─和歌と紀行文を中心に─」
菅野扶美/SUGANO Fumi(共立女子短期大学)
「後白河院と熊野─今様を含めて─」
橋秀城/TAKAHASHI Shujo(大正大学 非常勤講師)
「真言僧の紀州巡礼歌をめぐって」
舘野文昭/TATENO Fumiaki(東京家政大学 非常勤講師)
「歌道の聖地としての玉津島─歌学知的展開を中心に─」
司会 山本啓介/YAMAMOTO Keisuke(新潟大学)
 
【第2日】3月18日 8:00〜18:00
巡検 田辺・熊野中辺路の宗教文化
 
【第3日】3月19日 9:30〜12:00
公開シンポジウム+上映会
 紀行映画「熊野路」と南方熊楠―新発見の南方熊楠映像資料をめぐって
 
会場:和歌山県立情報交流センターBig・U 多目的ホール
報告
田村義也/TAMURA Yoshiya(成城大学 非常勤講師・南方熊楠顕彰会学術部長)
「昭和10年の南方熊楠:新出映像のもつ意味」
岸本昌也/KISHIMOTO Masaya(武蔵大学 非常勤講師)
野村益三子爵と映画『熊野路』」
土永知子/DOEI Tomoko(和歌山県立田辺高等学校教諭・南方熊楠顕彰会学術部委員)
「映像に見る熊野路の植生」
司会 杉山和也/SUGIYAMA Kazuya(青山学院大学大学院博士後期)
 
【第3日】3月19日 13:00〜14:30
公開講演会「熊野懐紙の世界―後鳥羽院が和歌に託した祈り―」
 
会場:和歌山県立情報交流センターBig・U 多目的ホール
講師 佐々木孝浩/SASAKI Takahiro(慶應義塾大学 斯道文庫)
司会 山本啓介
 
 詳細:紀州地域学共同研究会
 日本宗教民俗学会3月例会
 
日程:2017年3月11日(土)14:30〜17:30
会場:大谷大学 慶聞館5階 K501教室
題目:寺社巡礼と「ウタ」−酒井弥蔵の創作活動を中心に−
報告者:鬼頭尚義(京都精華大学非常勤講師)
 
 詳細:日本宗教民俗学会
「白山開山1300年記念 白山と立山−北陸の山岳信仰について考える−」
第4回富山考古学会・石川考古学研究会合同例会
日程:2017年2月25日(土)13:20〜16:40
会場:石川県女性センターコンベンション室
 
報告@「白山平泉寺と越前の白山信仰拠点(仮)」
 阿部来(勝山市教育委員会)
 
報告A「白山山頂遺跡群の調査と白山信仰の拠点(仮)」
 小阪大(石川会員、白山市教育委員会)
 
報告B「史跡上市黒川遺跡群から見た中世の剱岳・立山信仰」
 三浦知徳(本会幹事、上市町教育委員会)
 
報告C「立山山上遺跡の調査」
 久々忠義(本会幹事、富山県埋蔵文化財センター)
 
 詳細:富山考古学会
 山梨県富士山総合学術調査研究シンポジウム
「富士山と熊野三山−世界遺産となった山岳信仰の霊場−」
 
日程:2017年2月18日(土)13:30〜17:00
会場:富士河口湖町中央公民館
 
 詳細:富士山世界遺産センター
 日本宗教民俗学会2月例会
 
日程:2017年2月11日(土)13:00〜16:00
会場:京都精華大学清風館201号教室(C-201)
題目:観心十界図曼荼羅からよむ性愛の図像学
報告者:鈴木堅弘(京都精華大学非常勤講師)
 
 詳細:日本宗教民俗学会
 京都国立博物館土曜講座
「蔵王権現はなぜ数多く伝わるのか−三徳山と金峯山の事例から−」
 
日程:2017年2月11日(土)13:30〜15:00
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
講師:藤岡穣氏(大阪大学大学院文学研究科教授)
 
 詳細:京都国立博物館
 世界遺産「富士山」講座
日時:2016年〜2017年 毎月第3土曜日(12月、2月は休み) 13時30分〜15時
会場:富士山世界遺産センター 北館 2F研修室
 
日程
【2016年】
7月16日 冨嶽三十六景と富士山信仰(学芸員 西川広平)
8月20日 富士山の植物「特徴と生態」(研究員 中野隆志)
9月17日 吉田御師と富士講(学芸員 赤池栄人)
10月15日 富士山レンジャーと学ぶ環境保全〈座学〉(富士山レンジャー 中本宏幸)
11月19日 富士山レンジャーと学ぶ環境保全〈自然観察園〉(富士山レンジャー 中島紫穂)
【2017年】
1月21日 参詣路と巡拝路(学芸員 堀内 眞)
3月18日 富士山をめぐる自然と文化−恩恵と災禍の生態史−(所長 秋道智彌)
 
 富士山世界遺産センター
 詳細:「世界遺産富士山講座のご案内」(PDF)  
 特別展「榛名山に祈る」関連講座
 
会場:かみつけの里博物館研修室
参加費:無料
定員:各回先着80名(事前申込不要)
*当日午後0:30より館内で受け付け
 
「榛名信仰の歴史」
講師:時枝 務(立正大学文学部史学科教授)
日時:平成28年12月11日(日)13:30〜15:30
 
「榛名神社の建築」
講師:村田 敬一(群馬県文化財保護審議会専門委員)
日時:平成29年1月22日(日)13:30〜15:30
 
「榛名神社と戦国武将たち」
講師:久保田 順一(群馬県文化財保護審議会専門委員)
日時:平成29年1月29日(日)13:30〜15:30
 
 詳細:チラシ(PDF)
 企画展「始源への回帰」講演会
日程:2017年1月22日(土)13:30〜
会場:えさし郷土文化館研修室
 
【講演タイトル】「雑密から民間信仰へ−現代にのこる修験・山伏・法印の世界−」
【講師】宮本升平(陸中護符研究会代表)
 
 詳細:えさし郷土文化館
 第10回 熊野学フォーラム『特集! 熊野学』
日程:2017年1月21日(土)13:00〜17:00(開場12:00)
会場:明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン3階アカデミーホール
 
1. キックオフ講演 「熊野学は未来学だ!」 山折哲雄(宗教学者)
2. 考古編「熊野信仰と大峯奥駈道の考古学」 橋本裕行(奈良県立橿原考古学研究所)
3. 宗教民俗編「日本一の熊野信仰」 山本殖生(熊野三山協議会幹事)
4. 近代文学編「熊野からみた 佐藤春夫と中上健次」辻本雄一(新宮市立佐藤春夫記念館長)
5. 座談会<熊野(くまの)円座(わろうだ)> 「熊野学のすすむ道!」
★新宮女子部の発表
 
◆入場無料(事前予約制)
※予約の申し込み:明治大学リバティアカデミー事務局 03-3296-4423
◆主催 和歌山県新宮市・明治大学
◆後援 文化庁・和歌山県・国際熊野学会・熊野学研究委員会・NHK和歌山放送局・日本経済新聞社・朝日新聞社
 
 詳細:熊野学の森