第41号 2008年3月
中近世における本願の社内定着化−近江国多賀社本願不動院を対象に 大高康正
醍醐寺史料と修験道 関口真規子
長谷寺式十一面観世音像の像容とその信仰 吉井 淳
自己を見つめるための山岳修行−出羽三山神社を例に 原谷 桜
伯耆大山の弥山禅定(もひとり神事) 福代 宏
書評と紹介  
五来重著作集第一巻『日本仏教民俗学の構築』 日野西眞定
宮家準著『神道と修験道−民俗宗教思想の展開』 鈴木岩弓
天野紀代子・澤登寛聡編『富士山と日本人の心性』 堀内 眞
中山郁著『修験と神道のあいだ−木曽御嶽信仰の近世・近代』 関 敦啓
   
紙碑 櫻井徳太郎先生を偲んで 長野 覚
修験道関係文献目録(2007年)  
 
第42号:木曽御嶽特集 2008年11月
中世後期の木曽御嶽信仰 宮家 準
御座にみる木曽御嶽信仰の現在 菅原寿清
木曽にみる御嶽信仰 神村 透
東海における御嶽講と霊神信仰−濃尾平野とその周辺地域の事例を中心に 伊藤良吉
北関東の木曽御嶽講と霊神碑 時枝 務
木曽御嶽信仰研究の過去・現在・未来 中山 郁
在俗行者の系譜と里山霊場の存在形態−尾張の御嶽講を例に 関 敦啓
霊神碑は語る−東海海地方における霊神碑の現況と霊神信仰 小林奈央子
近現代における修験と御嶽講−北名古屋市域の事例から 石黒智教
   
第28回日本山岳修験学会 木曽御嶽学術大会参加記 鈴木正崇
第28回日本山岳修験学会 木曽御嶽学術大会実行委員会主催 御嶽山夏山見学会に参加して 朝日則安
第28回日本山岳修験学会 木曽御嶽学術大会を終えて 木曽御嶽学術大会実行委員会
   
コロンビア大学日本宗教研究センター主催 年次国際シンポジウム『修験道−その歴史と文化』参加記 宮家 準
 
第43号 2009年3月
白山禅定と男体山禅定−白山山頂遺跡の特質をめぐって 時枝 務
富士峯修行考 大高康正
蓮花寺の「山の神の鬼面」のもつ意味 藤原喜美子
木曽山伏と御嶽講−名古屋市博物館所蔵「木曽王瀧村永宝院資料」を中心に 小林奈央子
木曽御嶽信仰の組織−新潟県妙高市の場合 荒川万利恵
書評と紹介  
森田清美著『霧島山麓の隠れ念仏と修験』 菅原寿清
首藤善樹編『本山修験飯隈山蓮光院史料』 根井 浄
由谷裕哉著『白山・立山の宗教文化』 時枝 務
   
紙碑 宮本袈裟雄先生を偲んで 宮家 準
修験道関係文献目録(2008年)  
 
第44号:妙高山特集 2009年11月
妙高山岳域における妙高山信仰遺跡 小島正巳
関山権現の祭礼と妙高山参り 鈴木昭英
妙高山信仰の諸段階 時技 務
関山三社権現別当寺宝蔵院と地域社会−宝蔵院日記から 松永靖夫
18世紀における宝蔵院祭礼に関わった宗教者について 由谷裕哉
   
第29回日本山岳修験学会 妙高学術大会参加記 城川隆生
第29回日本山岳修験学会 妙高学術大会を終えて 大会実行委員会
 
第45号 2010年3月
論文  
大峰八大金剛童子考 小田匡保
幕末期の江戸城大奥や諸大名家をめぐる立山信仰 福江 充
戸隠山別当乗因の弟子たち 曽根原理
白山長滝神鳩入峰とその遺跡 山本義孝
三井寺の弁財天信仰の拡大と盲人芸能者の関わり
−特に、別所の近松寺と関清水蝉丸大明神を中心に
大森恵子
里修験と「入寺」慣行−下野国の事例から 山中清次
書評と紹介  
森弘子『宝満山の環境歴史学的研究』 長野 覚
西村敏也『武州三峰山の歴史民俗学的研究』 乾賢太郎
村上弘子『高野山信仰の成立と展開』 俵谷和子
池田正夫『全踏査 日光修験 三峯五禅頂の道』 山澤 学
関口真規子『修験道教団成立史 当山派を通して』 山口正博
菅原壽清・時枝努・中山郁編『木曽のおんたけさん その歴史と信仰』 牧野真一
高埜利彦監修・甲州史料調査会編『富士山御師の歴史的研究』 荻野裕子
豊島修・木場明志編『寺社造営勧進本願職の研究』 大高康正
   
修験道関係研究文献目録2009  
紙碑 村山修一先生追悼 林 淳 
 
第46号 特集 山岳信仰の原像と展開 2010年10月
公開講演  
山岳修行者としての西行 日野西眞定
論文 特集山岳信仰の原像と展開  
唯心浄土と春日浄土−真実と方便の形態 多川俊映
比叡山の山修山学−その原像と展開 武 覚超
天野社長床衆の存在形態 山陰加春夫
大峯修験の原像と展開 福井良盟
熊野三山の原像を聖地景観から探る 山本殖生
   
天野を中心とした葛城入峰遺跡の検討 山本義孝
流刑された高野山行人方僧達の行方と各藩での処遇 森田清美
現代の修験道をめぐる表象の動向−新聞と雑誌を対象に 原谷 桜
研究ノート   
比叡山と日光山の山岳修行−大行満願海を介して 柴田立史
ガルダイメージの成立と変遷−シルクロード諸地域を中心に 森田伸雅
   
重松敏美先生を偲ぶ 長野 覚
第30回日本山岳修験学会 高野山学術大会参加記 乾賢太郎
第30回日本山岳修験学会 高野山学術大会顛末記 所 映良
 
第47号 2011年3月
論文  
信濃から見た山岳信仰の受容と特徴−古代・中世を中心に− 牛山佳幸
吉野山における天海の動向 中川仁喜
観心十界図と地域信仰−静岡県富士市域に伝来する宗教画の受容− 大高康正
紀北地域の八幡信仰と修験道−古代中世の山林修行と「山守」職を軸に− 有安美加
書評と紹介  
宮本袈裟雄著『里修験の研究 続』 真野俊和
三木一彦著『三峰信仰の展開と地域的基盤』 西村敏也
三村泰臣著『中国地方民間神楽祭祀の研究』 神田より子
神田より子・俵木悟編『民俗小事典 神事と芸能』 三村泰臣
山の考古学研究会編『山岳信仰と考古学2』 江藤和幸
妙高市教育委員会編『妙高山雲上寺宝蔵院日記の風景』 時枝 務
由谷裕哉・時枝務編『郷土史と近代日本』 乾賢太郎
   
修験道関係研究文献目録2010  
 
第48号 白山特集 2011年8月
白山曼荼羅図からみた加賀禅定道 小阪 大
白山信仰の拠点寺院−越前平泉寺の景観− 宝珍伸一郎
中世越前における豊原寺の再考察−一次史料からのアプローチを中心に− 角 明浩
白山美濃馬場の修験遺跡と遺物 上村俊邦
石像物資料にみる江戸時代の三禅定(富士山・立山・白山) 福江 充
   
第31回 日本山岳修験学会 白山学術大会参加記 細木ひとみ
第31回 日本山岳修験学会 白山学術大会を終えて 大会実行委員会
   
第49号 2012年3月
論文  
首羅山遺跡−福岡県糟屋郡久山町白山所在の中世山岳寺院− 江上智恵
研究ノート  
パーシヴァル・ローエルと木曽御岳−『オカルト・ジャパン』その一「御嶽」− 菅原寿清 
地域の文化資源と信仰の道−峨山道を事例として− 市田雅崇
書評と紹介  
西海賢二著『東日本の山岳信仰と講集団』(山岳信仰と地域社会:続) 西村敏也
伊藤裕偉著『聖地熊野の舞台裏−地域を支えた中世の人々−』 大河内智之
菅野洋介著『日本近世の宗教と社会』 西海賢二
竹内靭負著『富士山と女人禁制』 大高康正
谷川健一・三石学著『海の熊野』 時枝 務
川崎剛志著『修験道の室町文化』 日沖敦子
小島正巳著『妙高火山の考古学』 由谷裕哉
"Shugendō: The History and Culture of a Japanese Religion (L'histoire et la culture d'une religion japonaise)", édité par Bernard Faure, D.Max Moerman, Gaynor Sekimori ポール・スワンソン
   
修験道関係研究文献目録2011  
 
第50号  2012年9月
巻頭言 鈴木正崇
創刊50号記念 日本山岳修験学会を振り返って  
「修験」に導かれた、山に縁のない男 田村圓澄
創刊50号を祝し学会の発展に敬意 長野 覚
智目行足の日本山岳修験学会 宮城泰年
日本山岳修験学会での思い出 日野西眞定
待ち遠しい学術大会の開催 鈴木昭英
特集:地方霊山と本山派修験道  
近世における聖護院門跡と本山修験−聖護院文書を読む− 首藤善樹
愛宕山の修験道−火・水と山の念仏を中心にして− 大森恵子
富士村山修験と聖護院 大高康正
宝満山と聖護院そして彦山−本末論争の前提と結末− 森 弘子
三峰観音院と聖護院 西村敏也
盛岡藩自光坊快孝と維新の聖護院 森 毅
コメント 首藤善樹
宮家 準
書評と紹介  
バイロン・エアハート著『Mount Fuji:Icon of Japan』 宮家 準
第32回 日本山岳修験学会 聖護院学術大会参加記 東 龍治
 
第51号  2013年3月
熊野三山奉行考−14〜15世紀の様相をめぐって− 長谷川賢二
近世上野国における本山派年行事と同行 時枝 務
柱松とは何か−形態、分布、本義− 小畑紘一
戦後における聖護院の大峰入峰 小田匡保
書評と紹介  
宮家準著『修験道の地域的展開』 鈴木正崇
宮家準著『修験道−その伝播と定着−』 徳永誓子
菅原信海・田邉三郎助編『日光−その歴史と宗教−』 伊藤 聡
小倉美恵子著『オオカミの護符』 西村敏也
望月真澄著『身延山信仰の形成と伝播』 時枝 務
杉中浩一郎著『南紀熊野の諸相−古道・民俗・文化−』 阪本敏行
渡辺伸夫著『椎葉神楽発掘』 永松 敦
 
第52号 大峯山特集 2013年10月
公開講演  
大峯奥駈道の考古学研究成果について 菅谷文則
大峯修験道と天川郷 鈴木昭英
公開シンポジウム  
大峯山で祀られた尊像−如意輪観音三尊像をめぐって− 石川知彦
大峯における「宿」の遺跡 森下惠介
当山派と吉野−棟梁三宝院門跡の行場管理から− 関口真規子
明治〜大正期における醍醐寺の大峰入峰−特に花供入峰の再興について− 小田匡保
研究ノート  
大峰参りの変遷−姫路第二龍王講を中心に− 鳴戸昌弘
書評と紹介  
時枝務著『考古学調査ハンドブック6 山岳考古学−山岳遺跡研究の動向と課題−』 山本義孝
日野西眞定著『お大師さんと高野山〔奥の院〕』 中川委紀子
首藤善樹著『大峯葛城嶺入峯日記集』 小田匡保
   
第33回 日本山岳修験学会 大峯山学術大会参加記 森 悟朗
第33回 日本山岳修験学会 大峯山学術大会を終えて 大会実行委員会
紙碑 田村圓澄先生を偲んで 宮家 準
 
第53号 2014年3月
論文  
「憑祈祷と御座」−ルイスのシャーマニズムの視点から− 菅原寿清
中世における「修験道」の相対化−禅僧神子栄尊の大峰入り− 徳永誓子
近世英彦山の祭祀組織 山口正博
秩父蓑山神社の狼信仰 西村敏也
書評と紹介  
パーシヴァル・ローエル著 菅原寿清訳・解説『オカルト・ジャパン−外国人の見た明治の御嶽行者と憑霊文化−』 小林奈央子
宮城泰年著『動じない心』 宮家 準
恒遠俊輔著『修験道文化考−今こそ学びたい共存のための知恵−』 森田清美
田中久夫著『山の信仰』 阿部幹男
豊島修著『熊野信仰の世界−その歴史と文化−』 加藤基樹
山本殖生『熊野八咫烏』 時枝 務
   
修験道関係研究文献目録2013  
 
第54号 太宰府・宝満山特集 2014年9月
公開講演  
東アジアの中の太宰府をめぐる山岳信仰 西谷 正
公開シンポジウム  
〈海彼〉をのぞむ女神たち−日韓の山岳宗教と女神信仰− 須永 敬
脊振山系の肥前霊山の諸相 山本義孝
山の神仏と海−九州北部と造形遺品に見る− 井形 進
首羅山・油山と東アジア 伊藤幸司
「彦山小形」からみた英彦山の聖域観−レーザー実測調査からの視点− 岩本教之
3Dデータ化による修験道美術の再現−英彦山今熊野窟を中心に− 知足美加子
ウツシ巡礼の創設について−篠栗新四国八十八ヶ所を事例として− 中山和久
書評と紹介  
首藤善樹著『聖護院史研究』一・二・三巻 宮城泰年
日野西眞定著『お大師さんと高野山〔奥の院〕』 中川委紀子
首藤善樹著『大峯葛城嶺入峯日記集』 小田匡保
   
第34回 日本山岳修験学会 太宰府・宝満山学術大会参加記 森田伸雅
第34回 日本山岳修験学会 太宰府・宝満山学術大会巡見参加記 城川隆生
第33回 日本山岳修験学会 太宰府・宝満山学術大会を終えて 吉田扶希子
 
第55号 2015年3月
論文  
修験道と天台本覚思想−即伝を中心に− 宮家 準
山頂祭祀と本朝十二銭 時枝 務
火の神となった空順法印−修験による御日待の伝播と接触・定着− 森田清美
高知の性空上人−脊振山と書寫山と四国と− 吉田扶希子
書評と紹介  
吉田扶希子著『脊振山信仰の源流−西日本地域を中心として−』 森 弘子
時枝務・由谷裕哉・久保康顕・佐藤喜久一郎著『近世修験道の諸相』 西村敏也
長谷部八朗・佐藤俊晃編著『般若院英泉の思想と行動−秋田「内館文庫」資料にみる近世修験の世界−』 時枝 務
柴谷宗叔著『江戸初期の四国遍路−澄禅『四国遍路日記』の道再現』 稲田道彦
久野俊彦・小池淳一編『修験吉祥院聖教典籍文書目録』 小林奈央子
   
修験道関係研究文献目録2014  
 
第56号 鳥海山特集 2015年9月
鳥海山写真集  
公開講演  
古代における鳥海山信仰 新野直吉
基調講話  
鳥海山信仰に見る祈りのかたち 高橋 正
鳥海山の修験 神田より子
鳥海山修験の芸能 神田より子
論文  
蔵王連峰の信仰と修験−山形県村山地方の登拝口別当について− 関口 健
東北地方における山岳信仰と人生儀礼−置賜地方を事例として− 原淳一郎
「湯殿山本地譚」の創出と享受 阿部幹男
研究ノート  
東日本大震災による資料流出と鳥海山麓修験資料について 岸 昌一
   
第35回 日本山岳修験学会 鳥海山学術大会参加記 中嶋奈津子
第35回 日本山岳修験学会 鳥海山学術大会巡見参加記(1) 鈴木昴太
第35回 日本山岳修験学会 鳥海山学術大会巡見参加記(2) 岩瀬英樹
第35回 日本山岳修験学会 鳥海山学術大会を終えて 大会実行委員長